診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

歯の豆知識

2018/05/07
歯冠むし歯と根面むし歯について

歯冠のむし歯は歯冠がエナメル質で出来ている為、

溶けてくる歯を溶かすPHが5.5以下となります。

 

根面むし歯は歯の象牙質という材料からむし歯になるため、

歯が溶けてくるPHが6.5以下となります。

 

ということは

 

エナメル質は強い酸で溶け、

象牙質は弱い酸で溶ける

 

ということになります。

 

そのため、原因菌も変わってきます。

 

強い酸を出す原因菌は

ストレプトコッカスミュータンス、

ストレプトコッカスソブリナス

に代表されるミュータンスレンサ球菌です。

 

一方、弱い酸をだす菌としては乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)やアクチノマイセス種など他たくさんの菌に見られます。

 

強い酸をだす菌は甘いものを好み、弱い酸をだす菌は炭水化物を好む傾向にあるようです。

 

一般的に虫歯と言えば甘いものに注意する必要があり、

歯の経年的な変化で歯の根の部分(根面)が露出している方は、

炭水化物の摂取後にも注意が必要です。

 

今の歯科診療所の治療というのは

 

削る、詰める、抜くのマイナス医療から

取り戻すための再生医療、防ぎ・守るための予防医療をメインとするプラス治療を行う方向へ転じています。

むし歯が出来たら歯医者さんに通うというよりはむし歯をつくらないために歯医者に通うという考え方にシフトしていきましょう。

月別アーカイブ

PageTOP

無料メール相談