診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

歯の豆知識

2016/11/14
口臭のひとつ 「ドライマウス」

口臭のひとつであるドライマウスをご存知ですか?

drymouth.jpg

ドライマウスの原因について

ドライマウスというのはお口の中が乾きやすくなる状態です。

ドライマウスになりやすい方は年配の女性、薬をたくさん服用している方、口呼吸の方がなりやすいと言われています。

服用している薬剤としては降圧剤、抗炎症薬、鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、抗うつ剤などがあげられます。

またストレスや加齢による唾液をつくる細胞の委縮による唾液分泌の低下も原因としてあげられます。

口の中が乾くことで虫歯になりやすくなったり、歯周病が起こりやすくなったり、口臭が出やすくなります。

ドライマウスにより入れ歯を使っている方は粘膜に傷ができやすくなります。

歯をとりまく唾液は様々な働きがあり虫歯や歯周病から私たちを守ってくれています。

唾液がでることにより口腔内の細菌や食べかすなどを洗い流してくれます。

さらにこの唾液はさまざまな抗菌物質により最近の発育を抑制してくれるのです。

脱灰して失われたカルシウムやリンを補い、再び石灰化させるのです。

ドライマウスを防ぐには...

・薬を飲んでいる方はお薬を変更する

・唾液がたくさん出るようにキシリトール100%のガムを噛むようにする

・歯科用のマウススプレーやマウスジェルを活用する

 ※マウススプレーなどは持ち歩きに便利なスプレータイプなので外出先などでも口の渇きが気になるときに使用ができます。

朝起きたら口臭がするなど気になる方はお気軽にご相談くださいね。

月別アーカイブ

PageTOP

無料メール相談