診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

歯の豆知識

2016/06/27
義歯の管理に関して

山形市あこや町ゆうきデンタルクリニック 院長の結城光隆です。

義歯の管理についてお話をさせていただきます。

義歯は洗浄剤を使って管理しましょう。

552950.gif

義歯は吸水性があるため、その材料内に水を取り込みます。

吸水するということは義歯の中にばい菌を取り込みます。そして、ばい菌は義歯の中で繁殖します。

 

汚れたまま義歯を口の中に入れることで「義歯性口内炎」といい、ばい菌によって粘膜がただれて義歯が入れずらくなることもあります。

ただし義歯は乾燥させないように管理してください。義歯は乾燥下では劣化をします。

 

前日の義歯を口に含むということはばい菌をそのまま加えているのと同じことになります。

義歯を清掃する際にはまずはブラシで水洗し、義歯専用の洗浄剤で清掃するのが良いです。

義歯の洗浄剤でも全入れ歯用と部分入れ歯用と分けられています。

洗浄剤によっては部分入れ歯を全入れ歯用で洗ってしまうことで金属部分が変色することがあります。

ブラシで義歯を洗浄する際には歯磨き粉は使わないようにしてください。

口腔内用の歯磨き粉はあくまでも口の歯に対してのものであり、義歯に使用すると義歯表面に無数の傷がつき、

細菌や汚れが入りやすくなります。

清掃剤は義歯にあったもの選びましょう。

22222.jpg

また義歯を使うのであれば、義歯を支えている歯も大切になってきますので歯ブラシは丁寧にしていきましょう。

義歯を支える歯がなくなると入れ歯が抑えなくなり、入れ歯自体の揺れが強くなると、粘膜が傷つき、物が噛めなくなる悪循環に陥ってしまいます。

義歯を管理するということは、義歯だけでなく義歯を支える歯を管理することも非常に大切になります。

骨の密度は人によって異なるため、一概には言えませんがおおよそ義歯を使うと義歯を支えている歯ぐきの骨が薄くなってきます。

個人差があるのですが、義歯を支える骨が溶けて義歯と粘膜の間に隙間が出来てしまうと食事の際に食物残渣が歯の間につまりやすくなり、きちんと噛めなくなったりします。

総義歯 上・下 その1.png

義歯の管理が悪いと義歯にも歯石がたまります。

義歯をつけて寝る、はずして寝るということには意見が分かれますが、基本的には義歯ははずして寝てください。

義歯によっては軟性裏装材が使われているものもあります。

軟性裏装材を使用されている義歯に関してはブラシで傷つくこともありますのでブラシを使わないようにしていきましょう。

義歯と粘膜のフィット具合のチェックは定期的にしていくことをおすすめします。

義歯の管理でわからないことがあればあこや町ゆうきデンタルクリニックまでご相談くださいね!

月別アーカイブ

PageTOP

無料メール相談