診療時間※▲ 土曜日は午後18:00まで

 
無料メール相談

歯の豆知識

2015/11/09
歯周病ってどんな病気??

歯周病は、知らないうちに歯ぐきの骨がなくなってしまう病気です。
歯の表面に歯垢が付着し、その中の歯周病菌が増えることによって歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまうこともあります。

おもな原因は歯垢ですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています。


歯周病の進行は下記のとおりです。

【健康な状態】

stage01.png

歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきがひきしまっている状態です。

【軽度歯周病】

stage2.png

歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたり、カタいものを食べると出血することもあります。

【中度歯周病】

stage31.png

ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめます。
口臭もあり、歯が浮いたような感じがします。

【重度歯周病】

stage4.png

歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまいます。
歯根が露出し、歯のグラつきがひどくなります。

こうなると歯を抜くしかありません。


それでは歯周病にならないためにどうすればよいかお伝えします。

口腔環境をより良く維持するためには、

ご家庭でのケア、歯科医院でのケアの2つが必要となります。

【ご家庭】

ご家庭では自分に合った正しいブラッシングを行います。

ブラッシング方法に関しては歯科医院で教えてもらったやり方を行うと良いです。

だらだら食いや間食を控え、規則正しい食週間を身につけましょう。

【歯科医院】

歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからでは治療に時間と費用がかかります。

定期的に検診を受けて、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。

約3ヶ月に1度の来院で口腔内をケアしていきます。

山形市のあこや町ゆうきデンタルクリニックでは患者様の口腔内を長期的に健康に保ちます。

口臭などでお悩みの方は一度あこや町ゆうきデンタルクリニックへご相談くださいね!

月別アーカイブ

PageTOP

無料メール相談